森高千里と江口洋介、結婚の馴れ初めは?子供の学校や、デート目撃情報も!

LINEで送る

 

eguchi-397x400

 

育児に手がかからなくなり、最近は歌手活動も再開したという

森高千里さんと、大人の魅力が増している江口洋介さん。

おしどり夫婦としても有名な二人の馴れ初めや

子供について調べてみました!

 

 

 

original

森高千里

 

誕生日   1969年4月11日

出身    熊本

血液型   O型

 

ph2-1

江口洋介

誕生日   1967年12月31日

出身    東京

血液型   O型

趣味    バスフィッシング

 

 

江口洋介さんは私も大好きな役者さんの一人です。

 

10台の終わりに知人に誘われて

「ちょっと一発、スターにでもなるか!」と

芸能界入りした江口さん。

 

しかし挫折して、辞めよう、と思った矢先、

映画「湘南暴走族」の主人公に抜擢されたのです。

imgaee9f8f4zik1zj

 

このときの主人公の名前は「江口洋助」。

たまたまなのか、同姓同名だったからなのか、わかりませんが、

江口さんの役者人生がここからスタートしました。

 

0e1bf87a

 

しかしまぁ、時代を感じる写真ですね(笑)。

ちなみに右が江口洋介さん、左が織田裕二さんです。

若いけど、しっかり存在感が出てますね。

 

 

1990年代はトレードマークの長髪で

トレンディドラマの常連俳優だった江口さん。

img_1

 

有名な「一つ屋根の下」でも、かっこいい「あんちゃん」役を

演じていましたね。

 

あの時は最高視聴率が37.8%を記録して大ヒットとなりました。

その記録は、いまでもフジテレビドラマの歴代最高なんですって!

 

病院のドラマのイメージも強い江口洋介さん、

「白い巨塔」や「救命救急病棟」などもそうですが、意志の固い善人役

が多いですね。

shi

 

 

 道端ジェシカ・バトン結婚!! 元カノよりも献身的で子供、馴れ初め、海外の反応は?

 

ふたりの馴れ初め

 

出会いは森高さんのラジオ番組で江口さんがゲスト出演したことでした。

Artist_Photo_56_0

 

「しゃべっていても安らげる」という感覚をもった江口さんは

森高さんに好意を抱きました。

 

その後、神戸復興支援のコンサート森高さんが

出演すると聞い他江口さんは二つ返事で参加し、

口説いたんだそうです。

 

それからマスコミに熱愛報道がキャッチされたかと思ったら、

江口さんは会見を開き、「好きです」と堂々と交際していることを

明かしました。

 

めちゃめちゃかっこいいじゃないですか~、

男らしくて、堂々としてて、素敵ですね!

eguchi

 

 

そして1999年の結婚時には森高さんのおなかの中には赤ちゃんが…。

 

今で言う、「できちゃった婚」かなと思ったのですが、

妊娠発覚の1ヶ月前には江口さんが森高さんのご両親に

結婚の挨拶をしていたということです。

 

結婚会見では、「マスコミから話が広がる前に自分たちで公表したい」

ということで、妊娠2週間だということを明かし、

視聴者を驚かせました。

 

img_2

 

現在は一男一女の親として、がんばっている二人。

 

2000年2月に誕生した娘、彩花(あやか)ちゃんと、

2002年5月に誕生した息子、大翔(だいと)くん。

 

現在は中学生ということになりますね。

名門の、青山学院に通っているんだそうです。

 

長女は小学校卒業時点で身長160cmの森高千里さんと

ほとんど変わらない背の高さだったということで、

長身で、全盛期の森高千里を彷彿とさせる美人なんだそうですよ。

 

将来はどんな道に進むのでしょうかね。

 
:
 

 

「離婚の危機!?」なんて変なうわさもありますが、

夫婦仲はとってもいいみたいです。

 

最近も仲良くデートする姿が目撃されていたり、

江口さんは毎年、森高さんに感謝の気持ちをこめて

プレゼントを送るんですって。

 

結婚して何年もたっているけど、支えあって

仲良くしている感じがしますね。

 

森高さんも、江口さんのドラマは全部欠かさず見て、

感想を伝えているそうです。

 

こんな夫婦、理想といってもいいんじゃないでしょうか。

これからもずっと幸せな家族でいてほしいですね。

 

【哀川翔】嫁の元夫はどんな人?本名とギャップありすぎ!?

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>