旭化成建材が記者会見で謝罪・マンションを含む建築物の過去の施工実績は?

LINEで送る

AS20151020003924_commL

 

神奈川県横浜市のマンション施工不良問題で、このマンションの施工を担当した旭化成建材の社長と、親会社である旭化成の社長が10月20日記者会見を開きました。

謝罪会見と銘打っていたものの、その質疑応答に住民たちは不満を募らせています。

 

今回問題になったのは、マンションの施工前に行う杭打ちのデータ改ざんです。

旭化成建材は、これまでにも数多くのマンションの杭打ちを請け負っており、10月中に全国3000棟のマンションの一覧リストを公表すると発表しています。

 

今回、データ改ざんがなぜ行われたのか?

旭化成建材側の見解と、今後データ改ざんが行われたマンションが現れる可能性についてまとめました。

 

 

旭化成建材は「現場管理責任者」に責任を擦りつけている?

 

20151016-234410-1-0001

 

今回、なぜ杭打ちのデータ改ざんが起きてしまったのか。

これについて当初、旭化成建材の社長・前田富弘氏は“ある1名の人物による悪質な行為”と話していました。

それは、当時現場で指揮をとっていた「現場管理責任者」。

 

今回傾斜で問題になったマンションの杭打ちは、当初2005年12月から2006年2月までを予定しており、実際に杭打ちが完了したのは2006年2月28日。

そう、予定ギリギリだったのです。

これについて、十分な確認を行うことなくデータを改ざんし、結果予定通りマンションが建設されたとされています。

 

今回傾斜になったのは、8本の杭が支持層に達していなかったことが原因とされていますが、この8本の杭打ち作業は工期の終盤に集中していました。

旭化成建材側は「普通の杭打ち工事の工期だった」と説明しています。

E58699E79C9F202015-10-2120620032023-thumbnail2

 

では、なぜデータ改ざんに至ったのでしょう?

記者会見での説明によると、“旭化成建材の契約社員1名と下請け会社の7名”が携わった杭が「支持層に当たっていた」と説明。

ですが蓋を開ければその8名が担当していた杭が今回の原因になったとか。

「信ぴょう性を含め、まだわからない」と説明していますが、どうやら旭化成建材側はこの8名に問題があったとして、責任を転嫁しているようです。

これにはネット上でも「責任の擦りつけだ」と怒りの声が続出していました。

 

:

 

 

共産党アイドル・吉良よし子氏の路チューの相手は誰?

山田邦子の乳がんは抗がん剤で克服?がんのステージや病院で受けた苦痛とは?

 

旭化成建材の過去の施工実績は?

 

312345_0_00

 

旭化成建材は記者会見において、「報道では10年間で3000棟の杭打ちに不備があったと流れているが、傾斜したのは東日本大震災を含めてこのマンション1棟だけ」という風に説明していました。

では、旭化成建材のこれまでの杭打ちの実績はどれぐらいあるのでしょうか?

 

旭化成建材は、10月までにマンション3000棟のデータを公表するとしていますが、杭打ち以外にもデータの改ざんが見つかっており、杭打ちを含むすべての施工に関わった事例は、過去10年間で6000件を超えています。

もちろん、その6000件すべてがマンションというわけではありません。

一般住宅やオフィス、学校や店舗など。

様々な建築分野で旭化成建材は施工に携わっているのです。

 

もはや、マンション住民だけの問題ではなくなっているのか?

これについて、旭化成建材社長は「他の建造物のデータ改ざんはありえない」と話しています。

 

マンションの建設には、販売側と施工側、その下に孫請け会社が続いていますよね。

でも、その一つ一つが今回の問題を真摯に受け止め、対応しなければ何の解決にもならないと思います。

私たちが望んでいるのは、責任の擦りつけではありませんから。

今回の問題が早急にクリアになることを願います。

 

マックで新ハンバーガーを無料提供!その対象者はハンバーガーと同じ名前!?クーポン情報やハッシュドポテトの小ネタなど

フィギュアスケート男子・小塚崇彦選手が2015年ICUグランプリシリーズ中国杯を棄権!その理由と噂とは?

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>