現役引退!山本昌の離婚原因は?再婚相手との間に子供がいる?

LINEで送る

dra15100720450004-p2

今シーズンで引退した、元中日ドラゴンズのベテラン投手・山本昌さん。

靭帯を損傷したことがきっかけで引退を決意したそうですが、それにしても50歳まで現役の野球選手だったことは立派ですね!

引退時には、再婚した奥さんが花束贈呈に現れて少々騒がれました。

それは、再婚相手の女性が飛びっきりの美人だったからです!

 

一体、山本昌さんの再婚相手はどういう人なのか?

そして子供にまつわる情報もいろいろしらべてみました。

 

山本昌のプロフィール

 

まずはじめに、山本昌さんに関する基本情報を少しだけご紹介します。

yjimage16DKNGDS

山本昌 (やまもと まさ)

 

・本名 山本昌広(やまもと まさひろ)

・1965年8月11日生まれ(50歳)

・神奈川県茅ヶ崎市出身(茅ヶ崎市の市民栄誉賞を受賞している)

・日本大学藤沢高等学校を卒業し1984年より中日ドラゴンズでプロ野球人生を始める

 

山本昌さんは高卒入団なので、プロ野球選手として31年間も活躍していたことになります!

普通に考えて、20代半ば〜30代で契約を切られるプロ野球選手も多いです。

しかも中日ドラゴンズ一本というところに男気を感じてしまいます。

そんな山本昌さんですが、ご存知の通り1度だけ結婚したことがあるんです。

その元嫁とはなぜ別れたのか?

そして現嫁はどんなタイプなのかが気になったので次に続きます!

 

離婚の原因は子供だった?

yjimageMVD6O3ZR

山本昌さんは2011年、前の奥さんと離婚しました。

その離婚の原因は、山本昌さんに対するスキャンダルなのではなく、教育方針や気持ちのすれ違いが原因のようです。

山本昌さんは中日ドラゴンズということで名古屋を拠点に活動していましたが、自分以外の家族は東京に家を建てて別々に暮らしていたそう。

旦那を支えるというよりも、教育設備が整った環境で子供を育てたいという気持ちが強かったようです。

神奈川県には山本昌さんのご両親が住んでいるので、そばから離れたくない(もしくは離れられない)だったりして…?

多忙な山本昌さんは東京の家に帰ることができず、気持ちがすれ違ったとされています。

元嫁との間に生まれた二人の子供がすでに成人していることも離婚を後押しにしたのでしょう。

 

松井秀喜の年俸や成績にびっくり!嫁も呉羽出身の中山愛で子供の名前は?

斎藤佑樹の親の職業はマネージメント?田中将大と年俸推移も拡大・・・!

 

再婚相手はどんな人?

mig

さて、非常に美人だと噂される山本昌さんの新しい奥さん。

2013年に結婚して、現在は結婚生活2年ということ。

気になる年齢は今年で34歳なんだそう。

それにしてもこんな素敵な奥さん、どこで拾うんだろう…

奥さんは山本昌さんの胃袋をつかんだと言いますが、やはりそばで支えてくれる人に惹かれてしまったのかもしれませんね。

 

前の奥さんとは2011年に離婚しており、再婚までわずか2年。

離婚時にはすでに現在の奥さんと付き合いがあったのか…?

それについてはよくわかりません。

 

実は、新しい奥さんは第一子を妊娠中。

山本昌さんは50歳にして再び父親になるんです!

これからは野球に縛られることなく、子供と接する機会も増えるでしょうね。

 

:

 

山本昌はすでにおじいちゃんだった!?

yjimageKR0QKA21

パパになる予定の山本昌さんですが、実はすでにおじいさんという立場だったことも明らかになっています!

それは、前の奥さんとの間に生まれたお子さんが結婚して、出産をしたからなんですね。

でも、おじいちゃんでありながらパパになるなんて少々複雑。

だって、山本昌さんのお孫さんにはこれから叔父もしくは叔母が生まれるということになりますからね…!

実子と子育て相談なんてしていたりして…?

 

山本昌さんといえば、少年らしい趣味を持っていることで有名。

昆虫やパソコン、ラジコンなどが趣味なので、これから子供が生まれて大きくなっても一緒になって遊んでいそうですね。

 

これからは、野球解説者として新たな道へ進む山本昌さん。

大好きな趣味も解禁しながら、のびのびと過ごしてもらいたいものです。

 

中田翔、父親の名前や共政会所属の真相は?車・ネックレスも豪華で嫁の大学はどこ?

田中将大・里田まい夫妻の海外での反応は?現地で出産?

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>