岡田圭右の嫁は元芸人、名前は?夫に一途なTバック着用の嫁

LINEで送る

 

さて今回は、すべり芸人の岡田圭右さんに関する話題です。

バラエティで、必ずと言っていいほどすべり芸を繰り返し、番組を盛り上げ(盛り下げてくれる)岡田圭右さん、
これほど、場の雰囲気を凍りつかせる名人なのに、なぜか人気があり出演番組も多いです。

 

バラエティ番組にとっては、稀に見る貴重な存在となっておられます。
こんな独特の才能の持ち主を支えているお嫁さんって、どんな人なのでしょう。
何でも元芸人だとか・・・お名前は何ておっしゃるのでしょうか?
気になったので調べてみることにしました。

 

今回は、岡田圭右さんのお嫁さんに関する話題をお届けさせていただきます。
どうか、最後までお付き合いくださいね。よろしくお願いいたします。

 

岡田圭右さんとお嫁さん:上嶋祐佳との馴れ初め!

岡田圭介さんは、松竹芸能所属です。
お嫁さんは、上嶋祐佳(本名、岡田裕佳)さんと言って元芸人です。
「―4℃」というグループのツッコミ担当でした。
このグループは、1990年代に活躍されていたそうです。
もちろん、お嫁さんも松竹芸能所属でした。
ですから、お二人の結婚は、いわゆる職場結婚です。

 

1995年の11月17日にお二人は、結婚されました。
この結婚記念日は、岡田圭右さんの27歳の誕生日だったそうです。
今年で結婚20周年と言うわけですね。
お嫁さんの上嶋祐佳さんは、20歳の時に結婚されています。
お二人は、7歳違いのカップルです。

 

夫の岡田圭右さんより、お嫁さんの上嶋祐佳さんの方、人気が出るのが早かったそうです。
という事は、お嫁さんの上嶋祐佳さんは、夫の岡田圭右さんの才能を信じて結婚したというわけですね。
すべり芸人でヒットするという事を予測されていたとしたら、すごいですよね。

 

上嶋祐佳さんは、Tバックをはいている!

よく、お笑いの番組などでいじられている岡田圭介さんですが、本人だけにとどまらず、お嫁さんも一緒にいじられているそうです。
“岡田の嫁さんは、Tバックをはいている“と言うネタでいじられているそうです。

 

聞いていて、いささか赤面しそうです。
その辺は、元芸人の嫁さん、“自分も一緒にいじられてなんぼ!”と思っておられるのでしょうね。
“嫁の下着の種類まで、ネタにするなんて!”と怒っていたら、芸人の嫁さんはつとまりませんからね。

 

それにしても、この岡田圭右さんのお嫁さん、写真で顔を拝見しましたが、とってもかわいいのです。
“Tバックをはいている”と聞いてそれが許せるぐらいかわいいのです。

 

これが、ブサイクなお嫁さんだったらどうでしょう?ちょっと想像してみてください。
「あの顔でTバック、きもーい。」なんて言われかねませんよ。
こんないじられ方をするのは、お嫁さんがかわいいからに決まっています。

 

:

 

上嶋祐佳さんは、夫岡田圭右さんに対して一途!

2015年、9月26日放送の「メレンゲの気持ち」に岡田圭さんが出演した際に、
お嫁さんが番組側からのアンケートに答えておられます。
「結婚して失敗したと思ったことは?」という質問に対して、上嶋祐佳さんは、

「記念日を祝ってくれない。愛情表現をしてくれない。20年ずっと片思いしています(涙)」

と答えられています。
この言葉すごいと思いませんか?
もう結婚して20年もたつし、お子さんだって大きくなっておられるのに、
恋愛続行中のようなこのコメント、正直恐れ入りました。
なんて、一途なのでしょう。

 

片思いできるぐらい、それだけ夫の岡田圭右さんに惚れているという事ですね。うらやましいと思います。
20年もたったら、夫としてより、空気みたいな存在になるのが普通だからです。
こんな純粋な少女のような気持ちを持ち続けられる上嶋祐佳さんは、とってもかわいいです。
すてきな女性です。

 

また、岡田圭右さんの方も、お嫁さんに対して「ありがとう」とかきちんと表現するように心がけておられるそうです。
女性にはきちんと表現しないと、心が届かないからだそうです。
さすが、岡田圭右さん、女心をわかっておられますね。

 

最後に

岡田圭右さんと上嶋祐佳さんの事、いろいろリサーチしてきましたが、両想いで素晴らしい夫婦だと思いました。
どうか、これからもお幸せに!

 

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>