長谷川京子の子供がお受験!旦那の新藤晴一との結婚までの経緯とは?

LINEで送る

a0037475_2111337

 

さて、今回は女優の長谷川京子さんに関する話題です。

美しく、演技力のある女優の長谷川京子さんも、結婚してはや7年、子供さんもおられます。

お二人のお子さんを授かりました。
この子供さんたちも、大きくなられておられます。

 

幼稚園に通っておられる年頃になっておられるのですが、幼稚園のお受験に関するうわさが、ネット上に流れてきています。

長谷川京子さんは、お子さんの受験や教育について、どのような行動をされて、どのようなお考えを持っているのでしょうか?

気になるところです。

 

また、旦那様の新藤晴一さんとは、どのようにして出会われて、結婚され今に至っているのか、その辺の事についてリサーチさせていただきました。

今日はその結果についてご報告させていただきます。

 

どうか、最後喪までお付き合いくださいね。宜しくお願い致します。

 

 

長谷川京子の旦那は、ポルノグラフティのギタリストの新藤晴一

 

4333

 

長谷川京子さんと旦那様の新藤晴一さんは、交際わずか3か月で結婚を決められたそうです。

2008年の10月にご結婚されています。

2008年の7月ごろから付き合い始められ、最初から結婚を意識した真剣な交際だったと言われています。

 

真剣過ぎて、お子さんまで授かったというわけですね。

いわゆるでき婚だったそうです。

結婚当初はでき婚を否定されていたそうですが、2009年の5月に一人目のお子さんが生まれておりますので、

計算するとでき婚という事になりますね。

 

また、2012年に二人目のお子さんが生まれておられます。

ちなみに上の子供さんは、男の子で、下の子供さんは、女の子です。

 

長谷川京子の子供は二人、子供さんが通っている幼稚園は?

 

hasegawakyoko2

 

 

TVの中では、美しい女優の長谷川京子さんも、プライベートでは、二人のお子さんの母親です。

母親として子供さんの教育について、どのような気持ちで取り組んでおられるのでしょうか。

長谷川京子さんの母としての一面について、リサーチさせていただきました。

 

長谷川京子さんと、新藤晴一さんの子供さんは、目黒区の若草幼稚園に通っているとか・・・ネット上で言われています。

子供さんが大きくなってから難関校を受けるためには、小さい頃から受験対策をしてくれるような

名門幼稚園に通わせた方がいいというお考えだという事がうかがえます。

 

子供の教育の為には、お金も手間も惜しまないという教育方針なのでしょう。素晴らしいことです。

そう思う半面、都会のお子さんは、しかもお金のあるお子さんは小さい頃から受験に対応しなくてはならないから、大変ですね。

 

相武紗季の彼氏の会社は、化粧品関連で社長?ズバリ相手は誰?

井上和香は、旦那が年収低くブサイクで仕事は映画監督?出産し母に…

 

 

:

 

若草幼稚園は、名門!ホームページをチェック

 

こちらの幼稚園のホームページをチェックさせていただきました。

この幼稚園の特徴として、学芸大付属小学校や私立の小学校への進学される子供さんが多いという事を、載せておられます。

 

なるほど、“将来の受験対策の為には、どうぞ、私どもの園をご利用ください。”というお勧めなのでしょう。

子供さんが、“勉強が嫌だ!”とか、いろいろ言いだす前に、質の高い教育を与え、勉強に励ませるようにしつけていく・・・

それって、どのお子さんにとっても大事な事ですよね。

 

“お金さえあれば、十分に豊かな教育を子供たちに受けさせたい“と思うのは、親御さんにとって当然の願いと言えるでしょう。

その点、長谷川京子さんご夫妻にとっては、その願いをかなえられるいい環境にあるので、それをそのまま実行されているというわけです。

 

最後に

 

いつまでたっても美しさの変わらない長谷川京子さん、旦那様やお子さんたちといつまでもお幸せに過ごされてくださいね。

絵にかいたような、エリート家族の新藤家を支えておられる長谷川京子さん、いつもご苦労様です。

今後のご活躍を期待します。

 

産休から復帰の上戸彩にブーイングの嵐「育児よりも仕事!?」

徳澤直子の気になる私生活、大学はどこ?

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>