つるの剛士、年齢1つ上の嫁との夫婦愛にとろけちゃう!?ドはまり中の藤沢のラーメンってどんなの?

LINEで送る

29d8e727

 

さて、今回はタレントで歌手のつるの剛士さんに関する話題です。
おバカタレントとしてデビューしたつるの剛士さんです。

最近はバラエティに出演したり、素敵な歌声を皆さんに届けておられ、その存在感を確実に示しておられます。
私生活においても、お嫁さん想いの素敵なパパとして有名です。

つるの剛士さんが、大好きなお嫁さんってどんな人なのでしょう。
年齢は、いくつぐらいなのかな?
またつるの剛士さんは、何故神奈川県藤沢市に住んでおられるのか、ラーメン好き・・・等の話題についてお伝えさせていただきます。
どうか、最後までお付き合いくださいね。

 

つるの剛士のお嫁さんは、どんな人?名前や年齢は?

つるの剛士さんのお嫁さんは、一般の方で出会って3か月で結婚されました。2003年9月の事です。
お嫁さんは元スタイリストの遠藤美紀さんです。年齢は、つるの剛士さんより1歳年上の41歳です。

お二人の間には、5人ものお子さんがおられます。
5人目は現在妊娠中です。少子化のこの時代にうらやましいですね。
何でも、つるの剛士さんが一番子供を叱るのは、母親であるお嫁さんに対して子供さんが横着な態度をとった時だそうです。
素晴らしい。拍手!

images

世間一般では、お嫁さんに子供が反抗しても、反抗期だからと言ってろくに取り合わない父親たくさんいますよね。
パートナーを尊敬するってそういうことかな?と思います。
男尊女卑から抜け出したい人は、まずこうした事から見習って行かないと・・・と思います。
つるの剛士さんのお宅は、男女で尊敬しあう事を学べるような素敵な家族なのでしょうね。

つるの剛士の自宅は、神奈川県藤沢市

つるの剛士さんのご家族は、2008年より神奈川県藤沢市へ移り住んでおられます。
藤沢市は、湘南と呼ばれている地域の中でも、最大の人口を有する都市です。

サーフィン好き、釣り好きのつるの剛士さん。
「海の近くに行けば、もっとできるよ。」とお子さんがアドバイスをしてくれた事に、ひらめき実行に移されたそうです。
とってもほほえましいエピソードですね。
その通りに藤沢市に、引っ越すことのできる経済力もうらやましいです。

DCIM100GOPRO

藤沢市の海の近くで伸び伸びと過ごしているつるの剛士さん一家、素敵な思い出がたくさんできそうですね。
何より、芸能人だけど、全然鼻にかけたところがないつるの剛士さんの魅力って、
自然といつもふれあっているからにじみ出てくるのかもしれません。

こうした子育てに恵まれた藤沢の環境の中で、5人目の子作りについても積極的な発言をされていたとか・・・
念願かなって現在お嫁さんは妊娠5カ月だとか・・・もう、ラブラブで、すごいですね。

 

:

 

つるの剛士さんとラーメン

つるの剛士さんは、かなりのラーメン好きのようです。
神奈川県藤沢市には、行きつけのラーメン店もあります。お店の名前は、「ラーメン松壱屋」と言います。
朝の5時まで営業されています。

img_3

「いつ行っても、同じ味が出てくる。」とつるの剛士さんが、コメントを出しておられます。
藤沢市の名物は、湘南の海だけじゃないぞ!と言われそうです。

また、「つるたけ日記」のブログの中にも、つるの剛士さんが食べたラーメンの写真が載っています。
(こちらの方は、最近は更新されていません。)

 

将棋の腕前もすごい!

将棋

歌やサーフィンだけでなく、将棋の腕前もすごく、なんとアマチュア3段だとか・・・
本当におバカタレントとか言ってよかったのかな?と最近は感じています。

つるの剛士さんは、自分の持っている才能をフルに活かして成功されているすごいタレントさんです。
おバカタレントなんて、とんでもない!と思います。
これだけ多彩な才能も持ち、しかも素敵なお嫁さんとお子さんたちに囲まれているイクメンパパって、
かなりまれな存在だと思います。

 

最後に

5人ものお子さんに恵まれていると言うだけでも、最近ではかなり珍しいことです。
どこから見てみても、ハッピーなつるの剛士さん、これからもプライベートも仕事もさらに充実して、
まい進していかれることでしょう。

最期まで読んでくださり、ありがとうございます。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>