安倍なつみ&山崎育三郎、 フライデーされた生々しすぎるキス写真・・・舞台のために学んだ歌を下手とは言わせない!

LINEで送る

yjimage (2)
2015年は芸能界でも結婚ラッシュと言われた年でしたが、
そんな年末に“ビッグカップルがついに結婚!”という報道が飛び込んできました。

元・モーニング娘。の安倍なつみさん(34)、そしてミュージカル俳優の山崎育三郎さん(29)です!
二人の交際は数年前にすでにスクープされており、否定しながらも順調に愛を育んでいたみたいですね。
そこで今回は、数年前に初めてスクープされた内容を含め二人の経歴についてまとめてみました。

 

 

なっちのお相手は下町ロケットに出演のあの俳優!

 

今回、安倍なつみさんと山崎育三郎さんの結婚報道が出た時に一部では「山崎育三郎って誰?」という声も出ていました。
そうですよね、どちらかというと安倍なつみさんのほうが知名度が高いのは事実です。

山崎育三郎さんといえば、先日放送終了したドラマ「下町ロケット」に重要な役どころで出演したことで話題になりました。
前半では会社を裏切り、後半では一転していい人キャラになった真野役です!

山崎育三郎さんはこれまで舞台を中心に活動していたミュージカル俳優で、
テレビドラマへの出演も「下町ロケット」が三作目というフレッシュな俳優さんです。
今回の「下町ロケット」で知名度が一気に上がり、2016年1月からの民放ドラマに2作品出演することが決まっているなど、
これからの活躍が十分に期待できる存在なんです!

 

なっちは元・モー娘。最後の砦?

20130829_morninggirls_14

そんな山崎育三郎さんと交際しているなっちこと安倍なつみさんですが、
元モーニング娘。の初期メンバーでは唯一の独身。
今回の結婚報道が事実なら大変喜ばしい出来事ですよね!

元モーニング娘。といえば、4期の石川梨華さんを除いてほとんどのメンバーが結婚・出産を経験しています。
最近で言うと、吉澤ひとみさんの結婚や後藤真希さんの出産で話題になりましたね。

妊娠を発表した後藤真希の旦那は誰?顔や名前は?
婚約発表で幸せ絶頂の吉澤ひとみに交通事故死した弟がいた!ひき逃げ?その犯人とは?

 

安倍なつみさんも近年では舞台を中心に活動しているようで、
先日出演した「金スマ」では声楽を学んでいると打ち明けていました。

モーニング娘。現役の頃は常にフロントで歌唱していたメンバーだけに、決して歌が下手なわけではありませんが、
それでもミュージカル舞台のために本格的に歌を学びたいと思ったのでしょう。

実際に、山崎育三郎さんと共演した舞台では、
年下ながらも舞台や歌について山崎さんにアドバイスをもらっていたようです。

ただラブラブなカップルというわけではなく、
こうして仕事を通して成長できるパートナーでもあるのなら本当に素晴らしいことですね!
安倍なつみさん、すでに恩師のつんく♂さんに結婚報告をしていたりして…?

【動画】なっちとつんく♂のスペシャル対談!

 

 

:

 

 

過去になっちと山崎育三郎のキス写真が掲載された?

 

二人の交際が明らかになったのは2011年のこと。
当時、舞台「嵐が丘」にて夫婦役で出演した安倍なつみさんと山崎育三郎さん。
そしてある日、主演の河村隆一さんらを交えた食事会を開いていたところを記事にされました。

このとき、周囲の目を気にせず安倍なつみさんは山崎育三郎さんにべったりと体をくっつけて、
しまいには10分間の間に5回もキスしていたところを激写されてしまったのです!

yjimage (1)

…かなりのイチャイチャぶりですよね!
週刊誌によると周囲のお客さんもぶったまげていたそうです。(ちなみに現場は高級ホテル45階のラウンジ)

実はこの報道があったとき、双方の事務所は交際を否定しているんです。
ですが、後々になって二人きりで焼肉デートをする様子を“フライデー”されてしまうなど、
密かに愛を育んでいたようですね。

報道によると、ドラマや舞台を終えて落ち着いた年末に婚姻届を提出するらしいですが…
いよいよ安倍なつみさん、山崎育三郎さんの結婚も現実味を帯びてきましたね!
年内最後にハッピーな報告を届けてくれることを期待したいと思います。

 

なっち過去の熱愛相手は誰と?フライデーされた相手は?
庄司智春の元カノが矢口真里!?ネットアイドルと交際していた事実も

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>