江角マキコ、ゴチ降板のピンチは年齢のせい!?美脚ショムニ時代の栄光はどこへ…

LINEで送る

m_image136-300x241

2015年末、人気バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」(以下・ぐるナイ)のメイン企画である「ゴチになります」で
6年間のレギュラーからついに“クビ”となってしまった江角マキコさん。
ネットでも相当な話題になりました!
ここ数年、江角マキコさんには様々な問題がつきまとってきましたが、それでも番組を降板することなく続けてきたぐるナイ。
ぐるナイ降板の裏には何か問題でもあるのでしょうか…?

2009年からぐるナイのレギュラーだった江角マキコ

2026156_201307010800048001372668793c

江角マキコさんといえば、本業は立派な女優さん。
代表作「ショムニ」ではミニスカートの制服ですらりとした美脚を披露したOL役として人気が爆発しましたね。

そんなショムニの放送からしばらく経ち、2009年にぐるナイのゴチになりますにレギュラー出演することになりました。
ゴチになります、は毎回高級レストランでの豪華料理を値段を見ずに堪能し、のちにその料理の値段を予想することで、
その予想に一番外れていた出演者が全員分の食事代を奢るという人気の企画。
そして2002年から、年間自腹総額が最も多かった出演者がクビになるというルールが定められました。
このことで、2015年の年間自腹総額が多かったのが江角マキコさんということになったのです。

昨年は元フジテレビアナウンサーの平井理央さんがわずか1年で“クビ”になってしまったので、
今回江角マキコさんがいなくなるということは女性レギュラーが0という事態に。2016年の新メンバー加入は女性メンバーかも…?

実はバイキングも降板する江角マキコ

N0053160_l

そんな江角マキコさんですが、不運はさらに重なります。
ぐるナイの降板が発表される数日前、番組放送開始からレギュラー出演していた
フジテレビのお昼の番組「バイキング」の降板を発表しました。

【動画】江角マキコ、バイキングの卒業あいさつ

降板と言っても、最近ではマイナスイメージを払拭するためか「卒業」なんて言葉でごまかそうとしますよね…!
このぐるナイ、バイキングの2番組同時降板は江角マキコさんにとって相当な痛手のはず。
年齢ももうすぐで50歳…ここ数年、女優業よりもタレント化している江角マキコさんの今後の芸能活動が危ぶまれる事態に。

 

:

 

長嶋一茂宅落書き事件からイメージ急降下?

江角マキコさんといえば、やはり昨年の“落書き騒動”が目につきます。
かつてママ友いじめを告白した江角マキコさんが当時の担当マネージャーに依頼して、
いじめの元凶である長嶋一茂の奥さんへの仕返しにと自宅に「バカ息子」と落書きさせたことが大きな話題になりました。
江角マキコさんはブログで謝罪したものの、そのイメージを回復させることができないまま当時の所属事務所である研音を退社。
現在では個人事務所を立ち上げ、唯一の社員&社長である男性を窓口に芸能活動を続けています。

この問題が明らかになってから、バイキングやぐるナイの降板を求める声も多くありましたが、
結果的に騒動から1年でそれが現実になりました。
今回の2番組同時降板で、ネット上では「やっぱりあの落書き騒動が原因…?」という声も多数上がっています。
実際はどうかわかりませんが、江角マキコさんの今後の芸能活動が厳しくなってくるのだけは間違いないでしょう…。

江角マキコ、ママ友いじめの真相!

 

出演者と不仲説?

o0480029913518545179

そういえば、江角マキコさんが降板するバイキング、ぐるナイではそれぞれ不仲説がささやかれた共演者がいました。
一人目は、バイキングでかつて共演したビッグダディ。

「テレビのお仕事をされないで、整体院のお仕事をされていたほうがいいと思いますよ。
  テレビに出ることは影響力があることを理解されたほうがいい」

とビッグダディに苦言を呈した江角マキコさん。
番組関係者からも二人の不仲説は度々リークされていました。
そしてもう一人がぐるナイで共演した平井理央さん。
わずか1年でぐるナイを降板した平井理央さんですが、
その一番の原因は江角マキコさんによるいじめがあったとかないとか…?

真実はどうなのでしょうか。何かと芸能界をざわつかせる江角マキコさんに今後も注目です!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>