妊娠中の「冷え」、実際どんな影響があるの?お腹の張りや腰痛にも注意!

LINEで送る

じゅh

 

妊娠中は体を冷やさないように気を遣いますよね!
冬は天気が天気なので、家の中ではもちろん外出時も気を遣います。
夏は冷房があるので体が冷えやすい環境にあります。
春と秋は季節の変わり目なので、大丈夫かと思っていると体を冷やしたり…なんてこともあります。

でも、体を冷やすとどんな影響があるのか説明していきます。
また、お腹が張ったり腰が痛んだりで悩んでいる妊婦さんもいるかと思います。
ではなぜ、それらの症状は注意が必要なのかも説明していきます!

 

妊娠中の「冷え」 原因・影響は?

まず、妊娠中の冷えがどのような影響を及ぼすのか見て行きましょう!!

 

冷えの原因

1.自律神経の乱れ
⇒睡眠不足やつわりによる倦怠感、イライラといったストレスにより、母体の自律神経が乱れ、血管が縮むことが冷えの原因となる。

 2.血行不良
⇒妊娠中の大きなおなかを支えるための姿勢が骨盤に負担を掛けることになり、全身への血のまわりが悪くなり冷えの原因となる。
また、きつめの下着などを身につけるのも冷えの原因となる。

 3.環境の要因
⇒夏場はクーラーの効いた部屋で過ごすことが多くなり、体が冷えることそのものが冷え性の原因となる。

 4.女性ホルモンの乱れ
⇒妊娠による女性ホルモンの分泌の乱れが血行を悪化させ、冷えの原因となる。

 

冷えによる母体への影響

  1. 妊娠初期の悪阻を悪化させる
  2. お腹が張りやすい
  3. 足がむくみやすい
  4. 難産になる
  5. 母乳の出が悪くなる

冷えは筋肉を硬くし血行を悪化させて痛みに対して敏感になるので、本来強くなければならないはずの陣痛が弱くなってしまいます。
陣痛が弱いと子宮口が順調に開かず、出産に時間が掛かってしまいます。
また、母乳は体の中で作られるため、体が冷えていると母乳も冷え、質が悪くなってしまうのです

 

冷えによる胎児への影響

  1. 逆子になりやすい
  2. 早産・流産の危険性

血流が悪いと、胎児へ栄養が行きづらくなるので、早産や流産のリスクが出て着てしまいます。
また、胎児は温かい所を探して動くので逆子になりやすくなります。

:

 

 お腹の張りや腰痛について

なぜお腹の張りや腰痛に注意しなければならないのか気になりますよね!
それぞれ注意しなければいけない理由を紹介していきます。

 

l;;

 

お腹の張り

 

・原因

胎児が大きくなるにつれて子宮も大きくなるため、子宮を包んでいる膜が膨らんで突っ張り感を感じる、また子宮を支えている様々な靭帯が攣られることが張りを感じる要因となる。

 

・どんな時に張るの?

日常生活の中でお腹が張りやすくなる行動としては、長時間の立ちっぱなしや歩行、また掃除機をかけるなどの少し重めの家事が挙げられます。

その他にも、冷えた時にお腹の張りを感じる事が多くなるようです。

 

・対処法

足の間にクッションを挟んだりと自分がラクな姿勢をとって、何かの作業中であっても無理をせずに1時間程度休みましょう。
このようにして休む事で治まる張りでしたら、特に心配はする必要はありません。
もし買い物などの外出時に張りを感じてしまった時は、可能であれば座って少し休みましょう。
座って休む事が出来ない状況であれば、1度立ち止まって深呼吸をすることで張りが和らぐことがあります。

 

・注意しなければいけないお腹の張り

1時間以上横になったり座ったりしても張りが一向に治まらない場合は、注意が必要です。
また、お腹の張りが1日に10回以上ある場合や、張る感覚が次第に短くなっている場合も注意が必要です。
さらに妊娠30週以降の方で、1時間に5回以上お腹が張るような場合、特に張る間隔が規則的で、さらにその間隔が次第に短くなっていく場合も注意が必要です。
胎盤早期剥離という病気や、早産・切迫流産の可能性があります。

 

・胎児への影響

胎児は子宮の中で羊水に守られていますので、特に心配することはありません。
また、胎児に供給される栄養素や酸素量についても、ほとんど変わらないと言われています。

 

腰痛

・原因

妊娠3カ月頃から、出産に備えて関節や靭帯を緩めたりする作用がある「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
そのため、緩んだ骨盤をお尻の筋肉や腰の筋肉で支えようとして腰痛が起きます。
また、大きくなったお腹を支えようと姿勢が変化するために重心が前方へ移動します。
そのため、後方にバランスを取ろうとし背中の筋肉を使うため絶えず背中が張った状態になり、腰痛が起こるようになります。

 

・対処法

1.骨盤ベルトを使う
⇒お腹の下で巻くので、赤ちゃんが苦しくなることはありません。

 2.腰痛緩和のエクササイズを行う
⇒パートナーとペアで行うエクササイズや、自分一人でもできるエクササイズもあります。

 3.腰のマッサージをする
⇒パートナーからマッサージをしてもらいましょう。

 

k;;

 

「冷え」による影響とお腹の張り・腰痛 まとめ

  1. 妊娠中の冷えは悪阻を悪化させたり、お腹が張る原因になる。
  2. 冷えにより、早産などの原因になることがある。
  3. お腹が張ったと感じたら、横になったり座って休む。
  4. お腹の張りが頻繁になったり、休んでもおさまらない場合は注意する。
  5. 腰痛はホルモンの変化や、姿勢の変化により起こるのでマッサージやエクササイズ・骨盤ベルトを活用していく。

私はもともと腰痛持ちなのですが、妊娠してからはほんとに酷い腰痛で困り果てていました…
旦那からマッサージしてもらったりエクササイズしてみたりしましたが、直後だけ和らいで少し経つとまた痛みだすって感じでした。
今は、夜中に腰や背中の痛みで目が覚めたり寝返り打てなかったり...寝不足気味です(笑)

あまりに酷いようなら、産科の先生に相談してみるのもいいかもしれないですね!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>