便秘と下痢の救世主!白湯の驚くべきデトックス効果♡

LINEで送る

ゆ

 

白湯(さゆ)、つまりは人肌程度の温度のぬるめのお湯ですが、これがなにかと健康にも美容にもいいとか。
ほんとかなぁ~~?お湯ですよ。ただの。
私は、超暑がりなので、冷たいものが大好き。
そばならざる、コーヒーならアイス。お茶なら麦茶。冷水大好き。冷蔵庫に冷水が常に常備、というカラダ冷やしまくりの女。
お湯なんて・・・。
と思っていましたが、調べれば調べるほどうれしい効果があることが分かってきました。

どんな効果があるといえば

・ダイエットに効果!
・デトックスに効果!
・内臓の疲労回復に効果!
・冷え性にも効果!
etc
・・・・マジ?

百聞は一見に如かず。
とりあえず白湯、やってみることにしました。

 

白湯を飲んでみよう

まず、起きたてにのむ。

私は、いつもは起きたてに漢方薬をのみコーヒーを二杯飲むというのが習慣でした。
まず、コーヒー飲まないと目が覚めないし、漢方薬を飲まないと便意がもよおさないから。
それをやめて、ぼーっとする頭で基本の白湯を作るところからまず始めました。

く

・白湯の作り方(本格版)

やかんに水を入れ強火で沸騰させる
やかんのふたをとり湯気があがるようにする
沸騰しても、火を止めず10分間、弱火で沸かし続ける
そして、50℃くらいにまで自然に冷ます

まず基本にのっとり白湯を作りました。
正直、時間がかかる。
50℃までさますのもそれなりに時間がかかる。
水や氷で冷やしてはいけないそう。
また、ヤカンで火にかけることが大切なそうな。
温度計で測り50℃に待つこと10数分。
忙しい人にはむきませんね。

それで、

・忙しい人向きの作り方

マグカップ(耐熱性)にミネラルウォーターを入れる
600Wの電子レンジで2分ほど温める。

楽チン♡
とにかく白湯はできました。
ゆっくり時間をかけて、ちびちび、すするよう飲むのも大切。

50℃の白湯ってぬるいのね、熱くない。
でも苦い。
白湯って味がないはずだから、苦く感じるってことは身体が毒素にまみれているってこと?
デトックスされると甘く感じるようになるそうです。

ちびちび飲んでみて、なんとなく体が温まったかな~と、思ったら、急に便意がもよおしました。

トイレですっきり。
なんか頭もすっきり。
なんかカラダも軽い。
なんか凄くイイかんじ☆。

さて朝食は、白湯を飲んだ30分後が理想的だそう。
そして、各食事中に1杯程度の白湯をゆっくりと飲むのがgood!

白湯の1日の摂取量は800ml程度にするよう注意。
なぜなら白湯はデトックス効果が高いので、飲みすぎは必要な栄養素まで排出してしまう可能性があるからとのこと。

数日間、続けてみてなんか、お通じ、すごくどっさりすっきり出るんですけど、これがデトックス効果?
宿便が出たのか、体重も少し減りました。
そして、なんとなく身体が元気です。

これが私の体験記です。
やっぱり、ほんとにいいものを紹介したいですもんね^^
白湯は、オススメです

 

:

そして本題。
白湯は暖かいため、冷たい物を身体に入れると起こる内臓を温めようとするエネルギーを使いません。
だから、消化に専念でき、より促進され老廃物も効率よく輩出されようになるんですね。
胃腸が温められることで、活動が活発になり、便秘改善になるわけです。
また、胃腸に優しいので、逆にお腹が弱く常に下痢気味の人にも効果があるんですよ!

、、

これは私ではないのですが、私の母が白湯で長年の下痢を解消しました。
私の母は、昔から胃腸が弱くてすぐ下痢をしていました。
下痢止めは我が家の常備薬。
下痢が怖くて外食もままならいくらいでしたよ。
特に牛乳などの乳製品、コーヒーなどでもすぐ下痢をしていました。
それが母は、母の友人の勧めで、水など一切取らず白湯だけ飲み続けたところ、下痢することが全くなくなったのです。

そうこうすること3年あまり。
母に直接、聞いてびっくりしたのですが、今では絶対NGだった牛乳を飲んでも平気になったそうです!
このように母は奇跡のように下痢が改善され、私は便秘から解放されました。
優しくほんのり身体を暖かくしておくことは、本当にいいことずくめと実感しましたね。
冷たい物はもう控えます。

悪いけど、白湯についてもっと詳しく知りたいという方は自分で調べてね (笑)
私、ちょっとおトイレに行ってきま~~~す(^^♪

※白湯の詳しい作り方(youtubeでご覧ください☆)

白湯ダイエット☆痩せたいなら白湯を飲みなさい☆白湯デトックス】

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>