子供の日に飾る兜の由来!お下がりで兜を受け継ぐのってあり?

LINEで送る

うぇw

子供の日と聞くと、まずはじめに頭に浮ぶのは、「こいのぼり」かと思いますが、端午の節句と聞くと、五月人形や「鎧・兜」も浮んでくるのではないでしょうか?
私自身、小さい頃から子供の頃から5月が近づくと、鯉のぼりが近所や幼稚園、学校にもたなびき、各家庭には、五月人形や兜がでている風景を、あまりにも当たり前に見て育ってきたせいか、我が家に長男が誕生した時も、あまり深く考えず、こいのぼりと兜を購入しました。

では、どうして、端午の節句に兜を飾るのでしょうか?
今一度、基本的なことを調べてみました。

 

子供の日に兜を飾る由来

子供の日に兜を飾るのは、武家社会の風習の名残りで、鎌倉・室町時代から、五月の節句になると、外には旗やのぼりを立て、座敷には鎧、兜、武具を飾っていたそうです。
これは、梅雨になる前に、それぞれの手入れをするためだそうです。

また、もう一つの由来として、身の安全を祈願して神社にお参りをする際に、鎧や兜を奉納する仕来りがあり、その風習が江戸時代の庶民達が武家社会を真似て家の前に棚を作り、鎧や兜を飾ったことがはじまりだそうです。
武将にとって鎧や兜は、自分の身を守る大切な道具でした。

このことから、命を守る象徴として、考えられ、男の子を事故や病気、災害などから守ってくれますように、その子に降りかかるあらゆる厄を五月人形にうけてもらいたい、という願いを込めて、飾るようになったそうです。

 

:

 

お下がりはあり?なし?

そこで、問題となるのが、お下がりをありなのか、なしなのか!という問題ですが、五月人形は、その子の厄を引き受けてくれる飾りだということがわかりました。
つまり、お父さんや兄弟の病や災いを代わりに受けてきた兜を、違う子に使うということは、「厄を引き継ぐ」という説があるそうです。
大切にして代々、引き継いできた兜を飾りたい!と思っていた方には、ショックな説かと思いますが、厄を身代わりになってうけてくれる存在だと思うと、1人に1つ用意した方がいいのではと思います。

しかしながら、このようなことは、信じるか、信じないかは、個人の自由かと思います。
気にしない方は、パパや兄弟のお下がりを引き継いでも、全く問題はないかと思います。

gg

まとめ

男の子の健やかな成長を祈りつつ、災いを払いのけるために飾る兜ということになりますが、それぞれのご家庭の事情もあるかと思いますので、それらを踏まえて、親御さんの気持ちで決めてあげればいいのではないでしょうか!!

その子の大切な成長を願う兜であるということかわりはないので、その子を思う、親の願いを込めて飾ってあげたいものですね。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>