幼稚園の子供にも教えたい、こいのぼりの由来って知ってた?

LINEで送る

c

屋根より高いこいのぼり~♪
毎年桜が散り、5月5日の子供の日が近づくと、大空にたなびく色鮮やかなこいのぼりをあちらこちらで見かけますよね。

すっかり、子供の日の象徴として、同じみになったこいのぼりですが、その由来をご存知の方はいらっしゃいますか?
子供達にきかれた時に、さりげなく、分かりやすく教えてあげれるよう今一度、その由来を子供達にわかるよう、説明したいと思います。
きっと、それを聞いた子供達は、自分が親になった時、子供達に心をこめてその由来を話すのではないでしょうか。

こいのぼりの由来?

こいのぼりとは、「鯉+のぼり(旗の一種)」の2つの意味がかけあわさったものです。
中国の「滝を登りきった鯉が、天に昇って龍になる」という言い伝えと、江戸時代の日本の風習が組み合わさってうまれたものであると言われています。
それぞれを詳しく、みていきましょう。

w

鯉が滝を登り龍になる!?

公園などで、池で優雅に泳いでいる鯉。
清流以外でも生きている鯉って、とても生命力の強い魚であることはご存知でしたか!?

中国の故事には「鯉の滝登り」(鯉が黄河上流の滝が連なる激流の場所を流れに逆らって登りきり天に昇って龍になった)という伝説があります。
また中国では鯉は皇帝の象徴であると言われているそうです。生命力の強い鯉(こども)が激流に逆らい河を登り(困難にまけずに前進)、龍になる(立派に成長する)ということから、鯉は出世魚として日本では知られていますよ。

 

:

 

男子誕生の際は幟(のぼり)をたてて祝う!?

江戸時代、将軍家に男の子が誕生した際は、家紋のついた幟を立ててお祝いをする風習があったそうです。
その風習が武家の間に広まり、庶民の中にも広がっていく中で、当時の人々は、幟に出世のシンボルである「鯉」を描くことを思いついたそうです。

はじめは、和紙に鯉の絵を描くだけだったそうです。
この当時は、子供の死亡率も高く、魔よけの意味をもつ吹流しをつけるなど、少しずつ形をかえ、現在の「こいのぼり」になったそうです。

d

まとめ

こいのぼりのポイントとしては、2つです。
1つは、鯉は出世のシンボルということ。
2つめは、江戸時代の子供が生まれたお祝いの風習が変化したもの。ということです。

これを子供にわかるように説明すると、

鯉はとっても強いお魚で、「難しいことを最後まで頑張れる」という昔話もあるんだよ。
だから、昔から、子供が生まれたお祝いにたてる「のぼり」という旗に鯉の絵を描いて、「生まれてきた子が鯉のように強くなれますように」「色んなことに頑張れる子になりますように」と願いを込めたんだよ。
これが、子供の日にこいのぼりをあげる理由なんだよ!!

と言ってあげてはどうでしょうか!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>