あなたの見た目は何歳?肌年齢チェックで実年齢とは違う意外な事実が判明!

LINEで送る

d

さてさて美魔女などという言葉も定着して、実年齢と見た目の年齢が全然違うなどという方も珍しくなくなりました。
やっぱり実年齢よりいつまでも若く見られていたい、というのが女性の本音ではないでしょうか?

人の印象を強く受けるのはやはり顔。
もちろん服装や雰囲気なども加わってきますが、気になる見た目は肌で決まるといっても過言ではないでしょう。
しっとりしてみずみずしく、柔らかい肌というのはいくつになってもあこがれるもの。

そして弾力のあるハリ。
年齢とともにどうしてもおとろえていくものですから、肌の状態は良く保っておきたいですね。

「でもわたし、肌に自信がないわ」というお悩みを抱える方も一方で多いはず。
いやいや、お手入れや生活習慣、食生活を正しく改善すれば、お肌は必ず応えてくれるものです。

「じゃあ、自分にあったスキンケアってどうしたらわかるの?」

という疑問の目安になるのが肌年齢です。
肌年齢とは、実年齢とは異なり、肌のハリ、シワなどによる痛み具合を年齢として示したものです。
肌年齢は実年齢と一致するとは限りません。
肌年齢が、実年齢よりも老けているということもあります。

肌年齢が実年齢より低ければ低いほど肌の状態がよく、高かければ高いほど、肌のコンデションが良くないということ。
一般的に肌年齢が高いと、肌の荒れ、小じわや肌のくすみ、吹き出物や湿疹などのトラブル症状がみられるということです。

でも、あきらめないで。
先ほど述べたようにお肌のコンデションは、いくらでも改善可能です。

肌年齢チェックを受けてみましょう

肌年齢チェックを、どこで受けられるかわからない方もいらっしゃるのでは?
肌年齢チェックは多くの化粧品ブランドが実施していますので、デパートの化粧品売り場にいけば、美容部員さんがきちんと対応してくれるところなら大概受けることができます。

自分では、肌のコンデションは表面しかわかりません。
ですので、肌の深層まで知るにはやはり肌年齢チェックを受けたほうがいいのですね。
肌年齢チェックを受けて肌年齢だけでなく、肌の水分量、皮脂量、色素沈着、毛穴数、シワの数などの測定値から、お肌のランクがわかることもありますよ。

「なにか商品を勧められるのではないかしら?」
と心配な方は、さきに『購入するかどうかはわからないですけれど』と伝えておくと安心ですね。
それを知ったうえで快く対応してくれる美容部員さんなら安心です。

:

肌年齢チェックを受けるときのポイント

【肌年齢チェックは2か月に1度定期的に行いましょう】

肌は季節、体調、年齢により日々変わります。
1度きりの肌年齢チェックで一生の肌がわかるわけではありません。
季節の変わり目にチェックを受けると自分本来の肌の性質が分かってくるのです。

 

【2つ以上のブランドでチェックを受けましょう】

肌年齢チェックは多くの化粧品ブランドが無料で行ってくれるサービスですが、ブランドごとに機器も違いますし、国内・海外ブランドでは、コンセプトが違うのでチェックの結果が大きく違うこともあります。
例えば、SK-Ⅱでチェックを受けると結果が、厳しめにでるといいます。

 

【結果を素直に受けとめましょう】

肌年齢チェックの結果が、自分の想像以上だったりすることはままありますせっかく受けたチェックがあまりにも違いすぎて、受け入れられない気持ちになるのは、当たり前のことです。

が、そこは前向きに受け止めて、始められそうなケアからやってみませんか?
あくまで目安だからと、ほったらかしではもったいないではありませんか。
何度も述べるようですが肌はお手入れした分必ず応えてくれるのです。

g

肌年齢チェックを受けた結果わかった意外な事実!

ちなみに筆者が肌年齢チェックを受けたときは、実年齢にプラス15歳でした。
(やっぱり結構、凹みました 笑)

そして自分ではオイリー肌と思っていたのが、乾燥肌と判明しびっくり。
またきめは細かいほうと言われ、少し安心しましたが、隠れシミが多いということも知りました。
スキンケアが間違っていたのですね。
チェックのあと、美白系スキンケアのサンプルをもらいました。

美容部員さんのアドバイスをうけ、今までのスキンケアを見直してみました。
改めて半年後、もう一度肌年齢チェックを受けたときは、ほぼ実年齢で普通肌と判定されました。
内心ヤッター!と思いましたね。

s

さいごに

このように肌の状態を知ることができたり、美容部員さんがスキンケアの方法をアドバイスしてくれたり、サンプル品をいただけたりするので、ちょっと敷居がたかいなあと感じる方もちょっと勇気を持ってみてはいかがでしょうか。
そして、美しい肌で若々しい自分になりましょう♪

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>