母親学級ってどんなもの?気になる内容や参加時期はいつから?

LINEで送る

い
妊娠をしてしばらくすると病院の人から「母親学級に参加してください。」と言われます。
でも、母親学級ってどういったものなのか、絶対行くべきなのかわかりませんよね。
今日は、母親学級と参加時期についてお話します。


母親学級とは?

母親学級とは、妊娠や出産、産後の生活についてなどを看護師や助産師が教えてくれます。

病院によって違いますが、前期・中期・後期と分かれていて、自分の妊娠周期に合った母親学級を予約して受講します。
母親学級では同じ時期に出産するマタニティさんが来ていますので、交流することもできます。

特に初産の場合は、全く知識が無い為、母親学級に参加するよう強く勧められます。
育児書やインターネットだけでは分からないことを母親学級では詳しく教えてくれますので、おすすめです。

参加費ですが、無料のところがほとんどですが、母親学級を受けるところで分娩する人が受けることができるので、里帰り出産の人は一度かかりつけの病院で問い合わせてみてください。

:

母親学級の内容

母親学級に参加すると、各病院や自治体で作成された母親学級用のノートをもらえます。
私が実際に参加した母親学級で学んだことは下記のようなものでした。

【妊娠初期~中期頃】

・妊娠~出産までの時系列をカレンダーで説明
・つわり、便秘、妊娠線などのマイナートラブルについて説明と対応策
・妊娠中の日常生活について(姿勢や服装、里帰り出産についてなど)
・妊娠中の異常(流産・切迫流産、早産・切迫早産、貧血など)について
・妊娠中の栄養と食事について
・妊娠中の体重コントロールについて

う

【妊娠後期頃】

・母乳栄養と乳房の手入れについて
・妊婦体操について
・腹帯の巻き方について
・出産準備について
・お産の流れについて
・分娩時の注意事項
・産後の入院生活について
・産後の生活について
・分娩室の見学
・赤ちゃんの様子とお世話について
・母乳外来の案内
・病院への連絡や入院方法について

病院によって内容が若干異なるかもしれませんが、私は母親学級で上記のことを学びました。
どの内容もとても勉強になり、冊子を読んだだけでは理解できないなと感じました。

母親学級以外に、両親学級というものがあります。
これは、赤ちゃんの父親も一緒に参加して、出産や育児のことを学んでいきます。
両親学級の内容は、赤ちゃんの沐浴方法、赤ちゃんの抱っこの仕方、肌着の着せ方、おむつ交換方法などです。
また、妊婦さんの気持ちを分かってもらうために、妊婦ジャケットを羽織って体験してもらうコーナーも私が行っていた病院にはありました。(笑)

主人は「こんなに重たいの!?」と驚いていました。
あと、参加者全員自己紹介をするコーナーもあって楽しかったです。

y

母親学級はいつから通うべき?

絶対通わなければならないことはありませんが、都合があるようであれば初期から参加してみてはいかがでしょうか?
私の場合は、当時働いていたため初期の母親学級は行けず、中期・後期の分に参加しました。
もし、現在つわりがひどかったり、仕事をしていて母親学級に参加できそうになければ、参加できる母親学級に一度参加してみましょう。

立会い出産を希望の場合、多くの病院では両親学級に参加することを義務付けています。
その為、必ず夫婦揃って参加しなければいけません。

 

まとめ

・母親学級は妊娠中のことから産後のことまで詳しく教えてもらえる。
・母親学級は、前期・中期・後期と分かれている場合がある。
・立会い出産を希望の場合は、必ず夫婦で参加すること。
・母親学級は強制ではないが、参加できる場合は積極的に参加してみよう。

いかがでしたか?
育児書やインターネットで情報を仕入れることはできますが、母親学級は出産に詳しい助産師が詳しく教えてくれるので行って損はありません。
また、施設の見学もでき実際の出産場所を知っておくことは大切です。
たくさんのマタニティさんとの情報交換もできるので、気軽に参加してみてください!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>