マッサージでセルライトは消える?美しい足になる5つの方法

LINEで送る

t
「美しい足」。
女性なら誰しもがあこがれるものですよね。
暑い季節になれば当然肌の露出が高くなり、足を見せる機会も増えるのでは?
どうせ見せるなら、より美しい足を見せたいですよね。

でも、ちょっと・・・と躊躇しているアナタ。
足の凸凹に悩んではいませんか?
そう、それはセルライトなのです。
醜いセルライトとバイバイしよう、今回はそんなお話です。


そもそもセルライトってなに?

セルライトとは、お腹、太もも、お尻の付け根などにみられる肌表面の凸凹で日本女性の80%以上にあるといわれています。
セルライトは端的に言うと「脂肪細胞の塊」。でも、ただの脂肪じゃないのです。
セルライトは皮下組織にある「脂肪細胞」がベースになっていますが、その「脂肪細胞」を取り囲む毛細血管や毛細リンパ管などの体の循環機能、つまり「身体の巡り」が、むくみや運動不足、血行不良などによって滞り、体内の余分な水分や老廃物がため込こまれて肥大化したものなのです。
それがコラーゲン繊維と癒着すると、一度できると解消するのは難しいといわれています。

ちょっとムツカシイ?
「脂肪細胞が大きくなった結果、肌に表れる厄介な凸凹」と理解できればOKです。

またセルライトの特徴は、

ほぼ女性だけにみられること
痩せている人にもついていること
皮膚表面に近い部分にできること

という厄介なものなのです。

 

セルライトを撃退する5つの方法

  1. 食生活を見直そう!

    ty
     

セルライトはできてしまうと消すのはなかなか難しいですが、薄くするためにもこれ以上悪化しないためにも食生活を見直してみることは大事です。

まず、むくみ予防のために塩分の多い食べ物は減らしましょう。

また肥満するとセルライトの出来る確率は高くなるので、高カロリー、高脂肪の食べ物もできるだけ避けたいところです。
代わりにバナナ、アドカボやトマトなど、塩分のナトリウムを排泄するカリウムを含む食材や血行の流れを良くする玉ねぎやトウガラシなどの野菜や果物をしっかり取りましょう。
それから身体が冷えると血行も悪くなるので、身体を温める食材をとるのも忘れないでください。

ダイエットですべてのセルライトは取れませんが、皮下脂肪が減少するので凸凹は目立ちにくくはなります。

 

  1. 生活習慣を改善するのも大事!

睡眠不足や不規則な生活もセルライトを作りやすくします。
ホルモンバランスや自律神経の乱れもセルライトの元になるので、よく睡眠をとり規則正しい生活を送りましょう。

またタバコもセルライトを作りやすくします。
喫煙は美容にも健康にも悪いのでこれを機に禁煙をしてみてはどうでしょうか。

それから、血の巡りを悪くする身体を締め付ける下着やヒールの高い靴をやめることなども留意しておくといいでしょう。

:

 

  1. 運動で脂肪を減らそう!

運動で脂肪を減らし、セルライトを減らすのも忘れてはならないことです。
運動は、脂肪を燃焼させて代謝をあげる有酸素運動が最も効果的です。
運動不足を解消しましょう。

最初からきつい運動をする必要はありません。
日々の生活の中でも、車を使うのをやめて代わりに歩くとか、階段を利用するところから始めてもいいでしょう。

運動のおすすめは、まずウォーキングでしょうか。

ジョギングも効果的ですが、急にはじめると体に負担がかかるのが心配な方は、スロージョギングをお勧めします。

r

スロージョギングとは疲労物質が貯まらない範囲で楽に走ること。
女性は、最初の2分間を心拍数80で走り、次の2分は90で走り、その後は100の心拍数で走ると脂肪が最もよく燃えます。
スロージョギングは心臓に無理な負担がかからないので、楽に走ることができます。

また室内でもできる有酸素運動は踏み台昇降ですね。

踏み台昇降は15cmの台を用意して背筋を伸ばして手を大きく振って昇降しましょう。
最初は5分でも汗が出てきますよ。
毎日1時間行えば、ジョギングの2倍の消費カロリーがあります。
15回×4回に分けて行っても、連続して運動した時と同じくらいの効果が得られますが、運動不足な方には最初は、1回10分、1日3回からはじめたほうがいいかもしれません。
それでもウォーキング1時間分の脂肪燃焼効果がありますよ。

 

  1. やっぱりマッサージが効果的!お家でできるマッサージのHOW TO

 セルライトを除去するには手順が重要になります。
手順を守らないとセルライトは除去できませんので、必ず守ってくださいね。

簡単にマッサージの流れを説明します。
①足裏→②ふくらはぎから膝へ→③太もも→④足全体となります。
マッサージを行うときはオイルやミルクなどをつけると肌に負担がかからないので、あらかじめ用意しておくといいですよ。

では、マッサージの方法をご紹介しましょう。

  • 足裏のマッサージでウォーミングアップ

最初に足裏の全体をマッサージします。
両手の親指の腹で足裏全体をまんべんなく行います。
特に土踏まずは徹底的に指圧してください。
足裏で堅い箇所があるときは、握りこぶしを作り指の関節で指圧をすると効果的です。
また足裏のマッサージは入念におこなってください。
なぜなら足裏のマッサージをすることで、下半身の血流が良くなり、このあとのマッサージの効果が上がるからです。

こちらの動画を参考にするとわかりやすいかと思います。ぜひご覧ください。

セルフマッサージ#1~足裏編~   self massage #1 ~solo~

https://www.youtube.com/watch?v=fRj6UnjJHbo

 

  • ふくらはぎから膝へのマッサージは優しく

後で詳しく説明しますが、取り除いたセルライトはどろどろの廃棄物となってリンパ節から排出されます。
ですので、これからのマッサージは特にリンパの流れを意識して行ってください。
またふくらはぎのマッサージは優しくおこなってください。
力を入れすぎるとリンパの流れをわるくしてしまいますし、むくみの原因にもなるからです。

手順は次のとおり。

・両手の親指と人差し指の間を開き、手のひら全体で足をつつみこむようにします。
・両手をアキレス腱から膝の裏にかけて、下から上へ、ふくらはぎをゆっくり優しくかき上げるようにもみほぐします。
(これを5回くらい行います)
・次に両手の指先を立ててふくらはぎの下側をつかみ、ふくらはぎの中心を開くように立てた指先を動かして、ふくらはぎ全体を刺激するように徐々に上に移動していきます。
・また螺旋を描くようにして、最初と同じようにふくらはぎに手をあてて下から上へもみほぐします。
・中指で膝裏の中心部を押します(10回ほど)。
・すねに手の親指の腹をあてて、上から下に螺旋を描くように動かしすねをほぐします。
・こぶしを作り、すねにあて上から下へ動かしてさらにすねをほぐします。(5回ほど)

反対側の足も同様におこなってください。
さあ、ふくらはぎのリンパマッサージを入念に行ったあとは、いよいよ太もものマッサージですよ!

  • 太もものセルライトをつぶしましょう!

うj

つぶすといっても太ももを強くつまむようなことではなく、あくまで優しくつまんでセルライトを除去します。
セルライトはダメージを受けている皮下組織ですので、力いっぱいつまむとさらに組織が損傷してしまいますから。
優しく時間をかけて、セルライトを除去しましょう。

手順は次のとおりです。

・太ももをほぐすように両手で交互につまんではもみ、太もも全体をつまみあげます。
・時間の目安は片足10分ほど。
・特に気になる箇所は、集中的におこなうといいでしょう。

 

  • 仕上げは足全体のリンパマッサージy

出典: maca-kono.com. 脚痩せリンパマッサージ

先ほども述べたように、つぶされて流れ始めたセルライトはリンパ節から流してしまいましょう。
リンパの流れる方向は決まっていますので、流す方向を間違えないように注意してくださいね。

これも動画を参考にしてください。わかりやすく説明されています。

How to : Lymph massage for the leg / 足を細くする!「リンパマッサージ」#2

 

https://youtu.be/3w_0CWWkMdc

 

  1. 安心なのはプロ?

やはりお金と時間がある方は、エステに行くのがよろしいでしょうか?
素人がやるのに比べて即効性はありますし、失敗も少ないでしょう。
美を磨きに行っているという気分も違うと思います。

ただし、当たりはずれもあるのがエステ。
いろいろ調べてみておいたほうがいいかもですね。

k

まとめ

セルライトは、つくと取れにくい非常に厄介なものですが、自分自身の美に時間をかけてみてはいかがでしょう。
運動したり食べ物に気を使ったり、マッサージをこつこつと続けていけばセルライトは、かならず除去できます。

焦らずにじっくりとセルライトと向き合っていきましょう。
身体は手をかければかけただけ、応えてくれますから☆

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>