関西弁も小気味良い鶴瓶&松本人志、最強タッグへ期待!

LINEで送る

sd365de676-l

世知辛い 世の中に フルボディーの笑いを届けてくれる人
鶴瓶さんは笑顔と絶妙な距離感で あっという間に気心を通わせてしまう達人!

そして程よいエッヂをきかせてた一言で魅了する 松本人志さん!
ベースは違っても なんだか素敵なお二人。
年の差は一回り…同じ干支?
左利きも一緒らしい。 そうそう関西人。あたたかいご家庭もあるみたい。
他にも共通点あるのかなぁ〜

古今東西 鶴瓶さん

若かりし頃 アフロヘアーだった鶴瓶さん。 懐かしく思い出せる人、少なくなったでしょうね。
あのねのねと言うフォークグループのメンバーでもあったのです、奥さまも初期のメンバーでした。
余談ですがそのお二人が 人気俳優の駿河太郎さんのルーツなのです。父と子 親子で お出汁の
コマーシャル共演 微笑ましいですね。

かつては、アフロヘアーでオーバーオールのジーンがトレードマークでした。たれ目の笑顔からは
若い野望に満ちたエネルギーが感じられました。
笑福亭鶴瓶と言う名の通り由緒ある一門の噺家さんですが、落語以外の才能を見抜いた師匠が
いろいろな事をチャレンジさせてくれた節もあるようです。もちろん今あるのは厳しい落語界の
修業が根底に生きているのは間違いないでしょうけれど。

有名になり初めた頃は かなり破天荒な事を繰り返し あるテレビ局から出禁になったこともあった
とのことです。反骨精神から 突拍もない事がしたくなってしまう一面があったようです。
事もあろうに本番中に下半身を露出するなんて!周りを困らせてしまったようです。
最後の破天荒芸人なのかもしれません。

今やお茶の間の笑顔クリエーター!日本中どこへ行っても誰も真似の出来ないコミニュケーション
能力を発揮して人々の本音を引き出してしまう達人です。
余談ですが、さんまさん同様 プライベートの時でも老若男女誰とでも写真に収まってくれたりする
柔軟な方だそうです。
かつて破天荒を許された経験が今に生きているのかもしれまへんなぁ〜笑

:

 

日々 進化し続ける松本人志 まっちゃんおそるべし

 

兵庫県尼崎市の小中学校からの友達の浜ちゃんこと浜田雅功さんと漫才コンビを組み才能を開花させた
松本人志さん。
時に意味深なボケや 後になってじわっとくる世の中へのあっぱれな自論など彼は日々進化しているのです。
若い時に貧しかった頃の自らの体験談を笑いにしたことがあったそうですが自分は面白いと披露したつもりが、悲しい話として同情されると言う 意に反した反響に 笑と悲しみは表裏一体と痛感したそうです。

また自らのネタを見返してみると今も面白いと思うネタは、ハードやグロテスクな下ネタなどブラックな
ものではないと気づきブラックネタはやめようと思ったそうです。
家庭を持ち 父親になったこともネタの変遷に大きな影響を与えた のでしょう。
そのあたりから東京でも多くのファンに支持され注目されたようにおもいます。

image(4)

お笑い芸人、漫才師、作家、作詞家、俳優、司会者、映画監督多才!と言う反面 もともとご家族の話しを
躊躇なく話したり、お家ではさぞ良い父親なのでは?と感じます。
眉間に皺を寄せ 強面なところもみせつつ 自分の発言に照れて苦笑いする様子は魅力的です。

最近では海老蔵さんの奥さまの真央さんが乳がんとの記者会見を受け マスコミに彼らしい物言いで
苦言を呈してくれました。
笑いはにんげんの唯一の特権と言う松本人志さんのさらなる進化が楽しみです。

鶴瓶&松本人志の怪人図鑑!

そんなお二人がMCでスタートした新番組! ちょうど一回りの年の差のお二人の小気味良い関西弁の
キャッチボールに これからも釘付けになりそうです。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>