深津絵里の母は有名書道家!作品画像あり ブログの内容が気になる…

LINEで送る

 

N0017794_l
踊る大捜査線シリーズなど、たくさんのドラマ、映画に出演している
演技派女優・深津絵里

じつは深津さんの母である諭美子さんも、有名な書家をされているんです!
がんを患っているという諭美子さんですが、
作品はとても素晴らしく、賞も受賞されたりしているようです。

深津絵里さんの母・諭美子さんを大解剖!

 

 

 

プロフィール

fukatsueri

     深津絵里

旧芸名  水原里絵、高原理絵

誕生日  1973年1月11日

出身   大分県大分市

身長   156cm

血液型  O型

事務所  アミューズ

愛称   ふかっちゃん

 

 

お母さんは書家、深津諭美子さん

 

TKY200906200085

深津絵里さんのお母さん、諭美子さんは書家をされています。
娘である深津絵里さんが有名女優ということで、
ずっと雅号を諭黄(ユンホン)と名乗って本名を伏せていました。

実名の「深津諭美子」を使うようになったのは2009年に開いた個展からだそうです。

0

諭美子さんの実のお父さんも書道家だったみたいですが、
諭美子さんが書道に取り組む前は服飾デザイナー志望で、
福岡市にブティックをひらいていたんですって。

 

上海大学で書道を学び、ほうき、歯ブラシ、ストロー、たわしなど、
身近にあるものを筆代わりにして
両手や左手を使って書く、「漢字アート」という独自の手法で活動されています。

hukatsu2

 
:

余命三か月の末期がん

 

肺がんを患い 余命三か月 長くて一年と宣告されて
今半年 毎日首方腕の痛みを耐えて 治療もせず 毎日痛みに耐えて頑張ってます

 

ブログでそう綴っていた諭美子さん。

去年から体調不良を訴えていた諭美子さんが肩のしこりに
気づいたのは今年に入ってからでした。

 

病院での診断は肺がんでした。
手術はしましたが、すでに手遅れの状態。
そして余命宣告を受けたのです。
余命三か月、長くても一年。

 

放射能治療や抗がん剤治療も拒否した諭美子さんは、
家族にもがんであることを言わないつもりだったそうです。
しかし、担当医に家族を呼ぶよう言われ、家族にがんであることを告白したんだそう。

 

深津絵里さんもさぞかしびっくりしたでしょう。
家族は当然、がんの治療を進めたのですが、諭美子さんの答えは
NOでした。

IMG_2679-3

がん治療で入退院を繰り返すよりも、書道家としての人生を全うしたい。」
そんな強い思いがあったんです。

諭美子さんの決意は固く、最終的には家族も根負けし、
彼女の決意を尊重したそうです。

諭美子さんの知人の方はこんな風におっしゃっていたそうです。

「お母さんのことが大好きな深津さんですから、本当は治療してほしかった
はずです。でも、彼女も表現者。お母さんの気持ちが痛いほど
わかったのでしょう。
最終的には、その生きざまを見届ける決意をしたのです。」

 

もし自分が末期がんだったら、と思うと、深津絵里さん自身も
役者として最後まで行きたい、と思ったかもしれませんね。

 

諭美子さんは余命と言われた3か月をとうに過ぎ、半年を超えたころ、
東久邇宮文化褒賞を受賞されました。

命を懸けて、書道家として歩んできた末の宝物でしょうね。

諭美子さんのブログでは、
「神様は私のこと 見守ってくださってくれてます
前向き頑張れば このような素晴らしい賞が頂けることもあるのです」

と喜びを綴っていました。

深津絵里さんも、お母さんの受賞を
うれしく見守っていらっしゃるのではないでしょうか。

 

「気持ちの持ち方だと思うなぁ! だから癌でも気にしてないです」

「余命1年が何年も生きていたら 皆様 笑ってくださいねぇ」

そんなことをブログに書いていた諭美子さん、
どうやらお人柄はかなり前向きで楽観的な感じの方のようですね。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>