木下優樹菜のブランドはダサい?かわいい?私服もチェック!

LINEで送る

yukina

おバカキャラタレントとしてブレイクした木下優樹菜さん、
結婚し、育児にも奮闘されているようですね。

独自のブランドもプロデュースし、大忙しの木下優樹菜さん。
あちこちで店舗も見かけます。
どんなブランドなのでしょうか、そして木下さんの気になる過去もチェック!!
木下優樹菜さんを大解剖!

 

 

 

プロフィール

75361_201004150300611001271310615c

   木下優樹菜

誕生日   1987年12月4日

出身    東京

血液型   A型

特技    バスケットボール

 

 

木下優樹菜プロデュースのブランド「Avan Lily」

main-img_7
「Avan Lily(アヴァンリリィ)」というブランドのコンセプトは
「Be Free and Easy」。
目指しているのは、型にはまらない、自由でリラックスできるミックススタイルなんだそう。

手ごろな価格でヴィンテージアイテムを手に入れられるのがいいですね。

 

ユッキーナは芸能界デビューする前から洋服の仕事をすることが夢だったようです。
雑誌「ViVi」では喜びをあらわにしたコメントも・・・

 

「縁があって、洋服のプロデュースのお話をもらえて本当にうれしいです。
 まさか18歳の時抱いていた願望が叶うなんて」

 

o0405072012006151033

 ブランド名の由来

響きが可愛いと感じた外国人の名前が由来で、
「アベン」と「リリー」からきているそうです。
語尾は“Y”で伸ばしたかったらしいです。

 
:
 

木下優樹菜の過去

いまや、お笑い芸人の藤本と結婚し子供もでき、幸せな生活を送っているユッキーナ。

そのユッキーナが生まれたのは東京都葛飾区の自営業を営む家で
三人姉妹の末っ子として生まれました。

下町で生まれ育っただけはありますね、まさに江戸っ子気質!

 

大好きだった安室奈美恵にあこがれてアクターズオーディションを受けたり、
モーニング娘。の第5期のオーディションも受けたそうです。

その時には、最終選考の9人まで残ったようですが、
「協調性のなさ」が理由となり、落選してしまったんだとか。

 

落選してしまい、挫折を味わったユッキーナ。
これがきっかけとなり、ヤンキーへの道へと走ったと語っています。

image

テレビ番組でも公表している通り、元ヤンキーだったユッキーナは、
中学校の時、副番長をしていたんですって。

特技は「タイマン」。(1対1)

ユッキーナが副番長をしていたのも、タイマンでトーナメントを勝ち上がり、

優勝すれば番長になれるという地元のヤンキーのルールがあり、決勝で負けたがために

副番長になったんだそうです。

303a

2008年のサンデージャポンでのインタビューで、
「今までの人生で一番熱くなったことは?」と聞かれ、
「中学生の時の『タイマン』」と答えたんだそうですよ。

 

 

「憧れ夫婦」のフジモン&ユッキーナ

B4FDZQmCEAAE-Mz

先日、ユッキーナがInstagramで公開したペアルックの写真が話題になっています。

27歳の誕生日の記念なんだそうで、おそろいのスエットとジーンズ、ニット帽で顔をくっつけ、仲の良さがにじみ出ていますよね!

これは「憧れ夫婦」と言われてもおかしくないかも!?

「フジモンとペアのやつかわいすぎます」

「うらやましい」

「いつも仲良し夫婦にあこがれています」

など、素敵なコメントもたくさんきているみたいですよ。

adac4374b5975e449b136f32c1d0fde4_27062

ユッキーナらしくこれからも仕事に育児に頑張ってほしいですね。

 

武井咲は元ヤンキーでレディースだった!まるで別人のような画像!ドッキリも・・・

里田まいが作る料理が絶品!資格を持ちレシピ本も出版?
 

 

LINEで送る

3 Comments
  1. Pingback: 木下優樹菜のブランドはダサい?かわいい?私服もチェック! | | なんでも芸能ニュース!

  2. Pingback: フジモン大興奮「どうする、どうする」 木下優樹菜&フジモン夫妻、第2子妊娠を発表

  3. Pingback: 木下優樹菜、次女の事件で炎上騒ぎに!可愛くなったと評判の長女に対するある反省の思いとは? – THREE LIKE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>