【東京新聞杯2022】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2022年競馬予想記事

2022年2月6日(日)に行われる「東京新聞杯2022」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で72回目を迎える「東京新聞杯」は東京芝1600Mで行われる古馬のG3重賞です。
2019年はインディチャンプがこのレースを制し、その年のマイルG1春秋制覇を達成していますが、2020年はプリモシーンがこのレースを勝って一時的に復調を示しましたが、その後は全盛時の活躍は出来ませんでした。昨年はカラテが勝ち、その後は関屋記念(G3)2着、今年のニューイヤーステークスを勝つなどの活躍をみせています。
マイラー路線の馬にとっての春の大目標は安田記念やヴィクトリアマイルになりますが、先々にそれらのレースを見据えた馬が出走してくるレースとなっています。
過去10年の1番人気馬の戦績は1-0-2-7、勝率10%、連対率10%、複勝率30%ということで、別定重量の古馬重賞としては1番人気馬の信頼度はかなり低いレースとなっています。

 

東京新聞杯2022 出走予定馬

登録馬は以下の22頭となっています。

 

馬名性齢斤量調教師
アオイクレアトール牡556(美)古賀慎明
イルーシヴパンサー牡456(美)久保田貴
エイシンチラー牝454(美)田中剛
カテドラル牡658(栗)池添学
カラテ牡657(美)高橋祥泰
カレンシュトラウス牡556(栗)平田修
ケイデンスコール牡659(栗)安田隆行
シュリ牡657(栗)池江泰寿
タイムトゥヘヴン牡456(美)戸田博文
ダーリントンホール牡556(美)木村哲也
ディアンドル牝656(栗)奥村豊
トーラスジェミニ牡658(美)小桧山悟
トライン牡756(栗)上村洋行
ドナアトラエンテ牝654(美)国枝栄
ハーメティキスト牡656(美)木村哲也
ファインルージュ牝455(美)木村哲也
プリンスリターン牡557(栗)加用正
ホウオウアマゾン牡457(栗)矢作芳人
マルターズディオサ牝556(美)手塚貴久
ワールドバローズ牡456(栗)石坂公一
ヴァンランディ牡656(美)藤沢和雄
ヴェロックス牡657(栗)中内田充

 

予想オッズ

1ファインルージュ3.1
2カラテ3.8
3ホウオウアマゾン6.1
4プリンスリターン8.1
5イルーシヴパンサー8.7
6カテドラル9.5

 

予想オッズ上位人気馬の見解

ファインルージュ

戦績7戦3勝 美浦・木村哲也

父キズナ 母父ボストンハーバー

前走は秋華賞(G1 阪神芝2000M)に出走し、2番人気2着。
3歳1月にフェアリーS(G3)を勝ち、桜花賞(G1)は3着、3歳秋に紫苑Sを勝っている。
同世代の牝馬同士ではトップグループの1頭と言える馬で、元々ベストはマイル前後の距離とみていたので、ここでは能力全開の可能性が高く人気でも逆らえないか。

 

カラテ

戦績27戦6勝 美浦・高橋祥泰

父トゥザグローリー 母父フレンチデピュティ

前走はニューイヤーS(L 中山芝1600M)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
昨年のこのレースの勝ち馬で、その後は関屋記念(G3)で2着に好走している。
爪に不安がある馬で順調に使えない弱みがあるが、走る毎に力を付けているのは間違いないので、ここでも有力なのは間違いないところか。

 

ホウオウアマゾン

戦績10戦3勝 栗東・矢作芳人

父キングカメハメハ 母父アグネスタキオン

前走は阪神C(G2 阪神芝1400M)に出走し、4番人気2着。
3歳春にアーリントンC(G3 阪神芝1600M)を勝っているが、古馬との対戦となってからは、1400Mのほうが明らかにパフォーマンスが良い。
今回はマイルに距離が戻る点が微妙なので、思っていたよりも人気になるようなら少し割り引きたい。

 

プリンスリターン

戦績16戦5勝 栗東・加用正

父ストロングリターン 母父マンハッタンカフェ

前走はキャピタルS(L 東京芝1600M)に出走し、2番人気だったが見事1着。
3歳1月にシンザン記念(G3)2着、3歳4月にアーリントンC(G3)3着の実績があったが、古馬との対戦となってからはやや壁に当たっていたが、3走前と2走前と合わせてオープン格以上のレースを3連勝している。
ここに来て一気に地力を強化しているので、この勢いで重賞まで手が届く可能性は大いに有り得るか。

 

イルーシヴパンサー

戦績8戦4勝 美浦・久保田貴士

父ハーツクライ 母父キングカメハメハ

前走はノベンバーS(3勝クラス 東京芝1800M)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
重賞はスプリングS(G2)4着、皐月賞(G1)10着とやや壁になっていた感じだが、その後1勝クラス、2勝クラス、前走と3連勝を挙げて完全に軌道に乗っている。
相手は一気に強くなるが、勢いで通用する可能性はあると思える。

 

カテドラル

戦績20戦4勝 栗東・池添学

父ハーツクライ 母父Rock of Gibraltar

前走はマイルCS(G1 阪神芝1600M)に出走し、8番人気9着。
昨年のこのレースは2着で、その後2走前の京成杯AH(G3)で待望の重賞初勝利を挙げている。
終い一辺倒の脚質で展開に左右されるが、昨年からパフォーマンスを上げてきているのは間違いないので軽視は禁物か。

 

現時点での狙い馬候補

今年の東京新聞杯はA評価の馬が3頭いるが、妙味を考慮すれば狙い目はこの馬か。
直近の勢いは一番で恐らく陣営としてもここを目標にほぼ全力投球で来ると思える。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】昨年はフローラS 福島牝馬S的中の無料情報

今週の〝イチ押し〟〝注目〟です!
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:三連複
◎フローラS2023年
三連複77.6倍×500円
【払戻額】38,800円【回収率】776%
◎福島牝馬S2023年
三連複96.3倍×500円
【払戻額】48,150円【回収率】963%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
先日はフラワーCを2年連続的中しました♪
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
まずは土曜の買い目からベタ乗りしてみましょう。
→無料情報を確認
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)




タイトルとURLをコピーしました