【桜花賞2022】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2022年競馬予想記事

2022年4月10日(日)に行われる「桜花賞2022」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で82回目を迎える「桜花賞」は阪神芝1600Mで行われる3歳牝馬限定のG1レースです。
3歳牝馬三冠レースの一冠目となるレースで、その名の通り毎年桜の咲く頃に行われるレースなのですが、近年は桜の開花時期が早まっていて今年も既に桜のピークは過ぎているかも知れません。
2020年はデアリングタクト、2018年はアーモンドアイが勝って後に三冠牝馬となりましたが、ここ15年以内にアパパネやジェンティルドンナという三冠牝馬が合計4頭誕生しています。今年は果たしてそのような名牝が誕生するのかも注目したいところです。

過去10年の1番人気馬の戦績は1-3-1-5、勝率10%、連対率40%、複勝率50%ということで、勝率が低く1番人気馬の信頼度は低目のレースと言えるかと思います。

 

桜花賞2022 出走予定馬

登録馬は以下の22頭となっています。

 

馬名性齢斤量調教師
アネゴハダ牝355(栗)佐々木晶
アリシアン牝355(美)加藤征弘
アルーリングウェイ牝355(栗)藤岡健一
ウォーターナビレラ牝355(栗)武幸四郎
カフジテトラゴン牝355(栗)武英智
カランセ牝355(美)金成貴史
クロスマジェスティ牝355(美)水野貴広
グランスラムアスク牝355(栗)矢作芳人
サークルオブライフ牝355(美)国枝栄
サブライムアンセム牝355(栗)藤原英昭
スターズオンアース牝355(美)高柳瑞樹
ナミュール牝355(栗)高野友和
ナムラクレア牝355(栗)長谷川浩
パーソナルハイ牝355(栗)矢作芳人
ビジン牝355(栗)武英智
ピンハイ牝355(栗)田中克典
フォラブリューテ牝355(美)宮田敬介
プレサージュリフト牝355(美)木村哲也
ベルクレスタ牝355(栗)須貝尚介
ライラック牝355(美)相沢郁
ラズベリームース牝355(美)林徹
ラブリイユアアイズ牝355(美)黒岩陽一

 

予想オッズ

1ナミュール2.0
2サークルオブライフ5.1
3プレサージュリフト5.5
4ウォーターナビレラ13.1
5ライラック17.4
6ピンハイ21.4

 

予想オッズ上位人気馬の見解

ナミュール

戦績4戦3勝 栗東・高野友和

父ハービンジャー 母父ダイワメジャー

前走はチューリップ賞(G2 阪神芝1600M)に出走し、1番人気の期待に応えて見事1着。
2走前の阪神JF(G1)は痛恨の出遅れてで4着止まりだったが、前走はロスの無い立ち回りで完勝している。
スタートさえまともなら力上位なのは明らかなので、今回最有力なのは間違いないか。

 

サークルオブライフ

戦績5戦3勝 美浦・国枝栄

父エピファネイア 母父アドマイヤジャパン

前走はチューリップ賞(G2 阪神芝1600M)に出走し、2番人気だったが結果は3着。
その前走はいつもよりも前目のポジションからのレースだったが、直線ではそれほど伸びずに2頭に交わされてしまった。
しかしながら、前走は明らかに前哨戦仕様と思える仕上げとレース振りだったので、今回は大きくパフォーマンスを上げてきそうか。

 

プレサージュリフト

戦績2戦2勝 美浦・木村哲也

父ハービンジャー 母父ディープインパクト

前走はクイーンC(G3 東京芝1600M)に出走し、2番人気だったが見事1着。
前走は新馬戦を勝っていきなりの重賞挑戦となったが問題無く勝ち切っている。
今回は初の長距離輸送や右回りなど克服しなければならない課題がいくつもあるが、それでもここで好走出来る可能性はありそうか。

 

ウォーターナビレラ

戦績5戦3勝 栗東・武幸四郎

父シルバーステート 母父キングヘイロー

前走はチューリップ賞(G2 阪神芝1600M)に出走し、3番人気だったが結果は5着。
3走前にファンタジーS(G3)を勝っており、マイルでも勝ち鞍はあるが、ベストは1400M以下という印象が拭えない。
ゆえに思っていたよりも人気になるようなら少し割り引きたい感じか。

 

ライラック

戦績3戦2勝 美浦・相沢郁

父オルフェーヴル 母父キングカメハメハ

前走はフェアリーS(G3 中山芝1600M)に出走し、5番人気だったが見事1着。
2走前の京都2歳S(G3 阪神芝2000M)は8着に終わったが、距離短縮となった前走は見事に巻き返している。
地力は十分通用するレベルだと思えるので、軽視は禁物という感じがする。

 

ピンハイ

戦績2戦1勝 栗東・田中克典

父ミッキーアイル 母父ジャングルポケット

前走はチューリップ賞(G2 阪神芝1600M)に出走し、13番人気という低評価だったが見事2着に好走。
その前走は新馬戦を勝っていきなりの重賞挑戦だったが、直線でかなりの切れ味を発揮して2着に食い込んでいる。
小柄な馬体の馬なのでこれ以上馬体が減らないことが好走のカギになると思うが、どちらにしろ軽視は禁物か。

 

現時点での狙い馬候補

今年の桜花賞はA評価の馬が2頭いるが、妙味を考慮すると狙い目はコノ馬か。
前走は明らかに前哨戦という感じの仕上げとレース振りだったので、ここで大きくパフォーマンスを上げて激走するとみている。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの2位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】「金鯱賞」無料情報

昨年は回収率491%!
金鯱賞2年連続を狙います(*^^*)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報「金鯱賞」2023年
三連複9点600円
1頭目 10
2頭目 1,2,12
3頭目 1,2,4,6,10,11
着順 12-10-1/44.2倍
【払戻額】26,520円
【回収率】491%
6人気アラタを入れて高回収率!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年春も天皇賞春・NHKと良い感じでした!
春G1戦線はここの無料情報を押さえてください。
→金鯱賞・無料情報
金鯱賞から大阪杯までここの無料情報で一直線です\(^o^)/




タイトルとURLをコピーしました